法規は守ろう

交通事故は偶然起こります。
というのも、ちょっとした隙で事故を起こしてしまうケースも多いからです。
道路標識などの内容はきちんと理解をしているのにもかかわらず、ついうっかりのミスが交通事故を引き起こすことも多いです。


案外多いのが一時停止を見落とすことです。
十字路にある一時停止は、優先道路側の車にしてみれば、絶対に止まってくれるものだと信じて進行します。
もし事故になった場合は、前方不注意ということになりますが、まずそんなことは考えません。


しかし、一時停止を守らない、たまたま気が付かなかったという車も後を絶ちません。
いわゆる出合い頭の事故ですが、特に多いようです。
どちらかがスピードが出ていれば大惨事になってしまうものです。


信号待ちにしてみても、考え事をしていて赤信号で発進してしまうのも一時停止の事故と同じですが、日の光が眩しい、たまたま見えていないことで、信号無視の事故も多いです。
歩行者がいれば死亡事故に結びつくことも多く、衝突事故は免れないと言えます。


後から考えれば、一時停止にしても信号無視にしても、立派な交通違反です。
やる気でやったのではなく、たまたまそうした状態になってしまったという加害者の心理も存在します。
被害者にしてみれば、とんでもない言い訳ですが、本当にたまたま見落としただけと理由のケースもあるようです。


車を運転する者にとっては、とんでもないことですが、ぼんやり運転は交通違反を生むことが多いのは確かです。

Copyright © 2014 交通事故の原因 All Rights Reserved.